© 2019 by Sundance Outdoors Inc   ALL RIGHTS RESERVED

NIGOR LOGO.png

ニゴアテントのユニークで革新的なテクノロジー

​ゴーリン フライ・ファブリック

その革新性は、テントにおいて最も重要なフライシートに使用されているオリジナルのナイロン・リップストップ・ファブリック素材に集約されています。

使用するフィールドやシチュエーションに適合させた4つの異なる性質の生地を開発しました。
いずれもそれぞれ異なる密度(太さ)のナイロン糸を使って織られ、同時に高い撥水性能を誇る特殊な生地です。
①Gorlyn10(ゴーリン10)はファストトレック、アルパイン登山に適した軽量テントの為の素材。ラインナップ中、最も軽くコンパクトになる素材です。
②Gorlyn20(ゴーリン20)は、トレッキング使用や3-シーズンハイクに適した耐久性・軽量のバランスの取れた素材です。
③Gorlyn30(ゴーリン30)は冬期を含むオールシーズンの使用を想定した耐水性が高く、丈夫な素材です。
④Gorlyn40(ゴーリン40)は降雪期に対応するエクスペディション仕様です。

 

ゴーリン・ファブリックは超軽量にも拘らず引き裂き引張強度に優れているのですが、これは高い粘り強さを持つ特殊で高価なナイロン6.6糸を用いて織られることによって得られています。さらに、従来の殆どのテント素材には無いほどに非常に高密度に織り込まれており、突出した抗張力を持っています。
他の一般的なテント素材に比べ、4~5倍の強度を持ち、最も軽量な素材の一つとして存在しています。
下記にTÜV(ISO 13937-4 欧州工業規格)によって試験された公式テストデータをご紹介いたします。
 

データは先ず、いずれの重量とも一般的なテント生地より低いことを考慮しておいてください。

生地の強度は他の追随を許さない非常に高い数値を示しています。
しかも、強度だけでなく非常に高い撥水性能を保持しています。これは、化学的な溶剤を混合することなく純粋なシリコンを使用して多重にコーティングすることによって得られています。
シリコン・コーティングは、表面に1層を、裏側に2層を施す3重の加工が施されています。その結果、最も丈夫で高い撥水能力を実現しています。

こうした3度のコーティングに耐えるには、より高い融点を持つナイロン6.6を使用する必要がありました。ナイロン6.6を使用する事で、より高い強度を保ったまま「撥水性能を上げる」という難解な問題を克服する事が可能となったのです。

実際、そうした撥水性能を持たせる場合、通常のPUコーティングでは加工時の熱により最大で70%もの引き裂き強度を減衰させてしまう結果となる事実があり、私達の見解としては超軽量テント素材を選ぶ場合に不適格だと判断し、ゴーリン・ファブリックの開発に到りました。

ゴーリン・ファブリックの優れた特性

- より優れた耐候性、より良い耐光性
- 糸重量比において非常に優れた引き裂き強度(ISO 13937-4)
- コンパクト性に秀でた分子構造
- より高い融点の糸(256℃)
- 優れた抗退色性能
- 優れた耐摩耗性
- 昆虫、動物、菌類ならびにカビなどによる浸食、加水分解や多くの化学製品に対する高い耐性
- 燃焼を避け、溶解特性を持つ

インナーテントのファブリック、およびフロア・ファブリック
インナーテントには15D(デニール)から40D(デニール)までの超軽量リップストップナイロン生地を使用しており、ダブルウォール・テントの性能を最大限引き出せるよう通気性の高い仕様に仕上げられています。高密度で編み込まれた非常に高価な超軽量メッシュをウィンドウに使用する事で、さらに効果的な快適性を確保しています。

フロア素材には、堅牢な20D(デニール)または40D(デニール)のナイロン糸を使用して織られた(引き裂きを軽減する)リップストップ生地に、熱可塑性ポリウレタン(TPU)をラミネート加工した生地に仕上げて採用しています。
TPUラミネーション加工は、より高い耐水性と耐久性、そして従来の安価なPUコーティング加工の生地よりも優れた耐摩耗性を持っています。

DAC製 アルミニウム合金製ポールの特長

我々の軽量テントのいくつかで、多くの実績とアウトドアマンからの絶大な人気を誇るDACアルミニウム・ポールを使用しています。DAC製のポールに使われるアルミニウムは、TH72Mと呼ばれるオリジナルのアルミニウム合金素材で、強度、軽量性、耐候性、経年劣化に対する耐久性など、アウトドア・アクティビティで要求される条件をクリアした最強の丈夫さと、出来得る限りの軽量さを両立させた優秀なものです。ニゴアでは超軽量を誇るDAC製のNSLポールをレギュラーに使用し、より強度が求められる箇所には、新たに開発されたNFLポールを使用しています。何れも軽量さを備えつつ、高い強度を誇ります。

より特長的な DAC製 PL13.55ポール

ニゴアは2015年にDAC製 PL 13.55mmポールを使用するテントを発売する市場初のブランドとなりました。
現在以下のテントに使用しています。Laughing Owl、Bam Owl、Spix Expedition

13.55mmのポールは従来の11mmのポールより45%強固で、なおかつ重量は7%軽いという特長を持ちます。NSLポール 9.6mmと比較すると、30%ほど重くなるものの実に2倍の強度と3倍の硬度を持っています。
そしてPLポールのもう一つの特長は、普遍的なアルミニウムポールと比較して驚異的な柔軟性を持つことです。そのユニークな特色は収納時には直線性を損なわず、柔軟性があるので簡単に折れて破損することなく曲がったスリーブにポールを通すことが可能です。より合理的で無駄がなくテクニカルなテント・デザインを仕上げることに寄与しています。

環境に配慮したエコ・ジュラルミンを使用したポール・テクノロジー

ニゴアテントおよびキャンピング・ファニチャーには、原材料に環境にやさしいエコ・マグネシウムを用いて製造されるOsung社のエコ・ジュラルミン合金製のTRX Airlite ポールを採用しています。
世界的に軽快されているオゾン層の破壊を引き起こすといわれる有毒な6フッ化硫黄と二酸化硫黄を使用していません。

​さらに、軽量性・強度・しなやかさ・耐久性においても非常に高い性能を誇ります。

クリーンなグリーン・アナダイジング(環境適合型の陽極酸化皮膜処理)の採用

DAC製ポールではアルミニウムの耐食性および耐摩耗性を向上させるための陽極酸化皮膜処理(アルマイト加工)を、通常用いられる環境に深刻な負荷を与える硫酸などの有毒な化学薬品を使用しないで行うグリーン・アナダイジング加工技術を採用して製造されています。